<< 破格の話 | main | 春先の話 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2011.06.01 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

凄味の話

音楽の3大要素ってご存知ですか?

メロディー・演奏・リズム

僕にはわかりませんが

かのSEX MACHINGUNSのANCHANGはこう言ったそうです

「愛情・友情・悪ノリ」

マシンガンズを聴けば納得ですねww

ふとフリーペーパーを読んでいますとANCHANGがコラムを書いていまして
えらいちっちゃいスペースにビッシリ書いていて

「ギターの買い方」

っていうかなり興味深いタイトルやったので読んでみました

転載してもいいのか解りませんがここに書いてみますww

注)かなり長文なのでメンドイ方はここでw



もふ





さて気になる方へ
読んでみてくださいww



「ギターの買い方」by ANCHANG

あたたかくなってきましたね。
これで、釣りに行くのもちょっと楽になってきました。
春のブラックバスが僕を待っている!(あんまり釣れないけどね。)

さて、今回は、ミュージシャンらしく、ギターの話でもしようかと思います。
ギターって色々ありますよね?
スタンダードなものから、変形したもの。
安いものから、高級オールドなもの。

最近は、女子高生が、背中にギターケースを背負っている光景を良く見かけます。
都内には練習スタジオも多いので、学園祭シーズンには高校生でロビーがいっぱいになります。

そんな子たちの、ギターを見ると、
ギブソンのレスポールだったり、フェンダーのストラトだったりします。

「えっ、高級ギターじゃん。」
もったいないな・・・って感じてしまいます。

もちろん、安いのを持ってる子もいるでしょうけどね。

馬鹿にしているわけではないのですが、
プロを目指しているバンドマン達が、楽器のローンに苦しみながら(笑)頑張っているのをしっていますからねぇ。
親にわがままを言って買ってもらったのかなぁ?なんて想像しちゃいます。

そこで、ギターの価値って皆どうゆう風にとらえているのかなぁ?と、考えました。

高くて高級であれば、良い音がでるのでしょうか?
好きなアーティストと同じモデルを買えば、同じ音が出ると思っているのでしょうか?

答えは全部違います。

まずは物理的な部分から説明しましょう。

エレキギターというのは、電気製品です。
そして、そのもの単体では音が出ません。
良いギターを買ったのであれば、当然、良いアンプも、エフェクターも、シールドも揃えなくては意味がありません。

そして、何よりも、演奏力が無ければ、良い音すら奏でられないのです。
ましてや、ギブソンやフェンダーは今時の楽器からすれば、非常に弾きづらいですから、
それなりのテクニックも必要です。

アーティストモデルは、比較的に弾きやすいものが多いです。
しかし、そのアーティストと同じ弾き方、同じピッキングを出来なければ、全く違う音になります。
もちろん、そこに近づきたい人はそれなりの努力が必要になります。

まぁ、これは本気度数の高い人向けな話になってしまいましたが、
追求したい人は、とことん行っちゃってください。

ここからが本題です。
どう買えば良いのでしょう?
答えから言いますと、

安いものを買ってください。

もしくは、いらなくなったギターを誰かにもらってください。(笑)

大抵の人は、ギターを買ってみたけど、弾けないから飽きちゃったってことになりますから。
どこで本気になるかでしょう。

とにかく、しょぼいギターを使いまくり、弾き壊すくらいの勢いでやれたら、次のを買いましょう。
最初のギターより少しだけ良い物を選んでください。
前のギターと比較して、いい感じであればOKです。

ここで、ポイントがあります。

恥ずかしくても、その時持っているギターを必ず楽器屋に行って試すことです。
同じアンプで試してみて、買おうとするものが、今まで使っていたものより良い音がするか聴き比べるのです。
これを何度も繰り返して、何本もギターを買ってください。
こうする事によって、良い音というものを知ることが出来るのです。

何が言いたいかというと、ギターって意外と値段じゃないんだよって事です。

実は、良い音ってのを知らない人が多すぎるんです。

もっと言うと、皆さん、ブランド名や見かけにだまされすぎているんです。
ギターというのは意外と個体差が激しいのです。
同じメーカーの同じ型式でも当り外れがかなりあります。
これを聴き分ける耳を持っていない人が買うと、ハズレを引く可能性があるのです。

仮に100万のギターを買ったとしても、100万の価値の音など絶対しません。

つまり
たくさんのギターを弾き倒して、たくさんの音を知っている人が、良い音を知っているといえるのだ。

そして、いろんなギターを知るという事は、機能的な部分にも詳しくなる。

こうして本当のギターを知るという事になるのだ。




以上ANCHANGの「ギターの買い方」でしたww

う〜ん
勉強になるなぁ〜ww






もふ



スポンサーサイト


  • 2011.06.01 Wednesday
  • -
  • 23:15
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
お前の価値観に似てるやん、やっぱ好きやわ(笑)
やっぱアンちゃんはヤバイよな(笑)
  • ナベ
  • 2011/04/16 1:03 AM
コメントする









PR
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
TMGE
"NICE GUY"
難波章浩-AKIHIRO NAMBA- / MY WAY
"CALIFORNIA DREAMIN'"
"MY HEART FEEL SO FREE"
selected entries
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座